この1曲

アクセスカウンタ

zoom RSS 古楽つまみ食い(19)ジャヌカン  シャンソン「狩の歌」「鳥の歌」「女のおしゃべり」 

<<   作成日時 : 2017/06/27 07:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

クレマン・ジャヌカン(仏1485-1558)はフランスの世俗歌謡シャンソンの作曲家であるが、言葉に鳥や動物の擬音や擬態語を取り入れるとともに、市民の日常生活を描写した歌を作り出していて、その独特でダイナミックな音の世界に圧倒される。
「鳥の歌」「狩の歌」など鳥、動物と言葉の混成体が、四声の複雑な音の組み合わせで展開するその技は神がかりでさえある。無条件に面白いし、この時代にこのような優れた労作が数多く作り出されていたことにただただ驚くばかりである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
古楽つまみ食い(19)ジャヌカン  シャンソン「狩の歌」「鳥の歌」「女のおしゃべり」  この1曲/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる