この1曲

アクセスカウンタ

zoom RSS 古楽つまみ食い(35) レヒナー  モテト「もし主の御手から恵みを得るならば」 ハスラー モテト「主

<<   作成日時 : 2017/07/13 07:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

レヒナー(独1550-1606) ハスラー(独1562-1612)はルネッサンスからバロック移行期のドイツの重要な作曲家である。ルネッサンス期は、音楽の後進国だったドイツが、ルターの宗教改革とともに新たな歩みを始めた。ルターは<万人司祭>の理念から母国語によるコラールを誕生させた。以来、ルター→ラッスス→レヒナー→ハスラー→シュッツ→バッハへとプロテスタント音楽は台頭してゆく。
レヒナーのモテト「もし主の御手から恵みを得るならば」は、胸にずんと染み入ってくるような美しさがある。
歌詞の中に「主が与えられ、主が奪われる...、裸で生まれ、そこへ裸で戻る」といういだりがあり、神への素朴な気持ちを音楽が紡ぎ出している。
一方、ハスラーのモテト「主よいつまで私を」は詩篇13に基づいているが、ほかにも「おお何とすばらしい贖罪」「主、イスラエルの神よ」などすばらしいモテトがある。
また、ハスラーの「わたしの心は千々に乱れ」の恋歌が、マタイ受難曲のコラール「血潮したたる主のみかしら」に転用されている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
古楽つまみ食い(35) レヒナー  モテト「もし主の御手から恵みを得るならば」 ハスラー モテト「主 この1曲/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる