この1曲

アクセスカウンタ

zoom RSS 古楽つまみ食い(37)G.アッレーグリ    「ミゼレーレ」

<<   作成日時 : 2017/07/15 07:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アッレーグリ(伊1552-1652)「ミゼレーレ」は、パレストリーナの「教皇マルチェルス」とともにヴァチカンのシスティーナ礼拝堂に鳴り響いていたといわれ、その典礼でしか聞くことのできない秘曲だったそうである。
その秘曲を、ローマを訪れたモーツアルトが一度聞いただけで全曲書き写してしまったというエピソードがある。
天井の高い教会に、下から駆け上がって行く声が同時に上から降り注いでくるような極度な高音が繰り返される。
ミゼレーレMiserereというのは、部下を戦場に送りその妻を奪うという卑劣な罪を犯したダビデの悔い改めが素材になっている詩篇51篇「私を哀れんでください」が歌詞になっている。
罪を犯してしまう人間の悲痛な叫びを美しい音楽が包み込む。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
古楽つまみ食い(37)G.アッレーグリ    「ミゼレーレ」 この1曲/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる