この1曲

アクセスカウンタ

zoom RSS 古楽つまみ食い(77)ペルゴレージ    「スタ-バト・マーテル」

<<   作成日時 : 2017/08/26 08:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ジョヴァンニ・バティスタ・ペルゴレージ(伊 1710-1736 後期バロックのオペラ作曲家)は、バッハより25年後の世代だが、26歳の若さで亡くなっているため、彼より早く世を去っている。
「スタ-バト・マーテル(悲しみの聖母)」は、グレゴリオ聖歌のひとつで、十字架のイエスの足元でマリアがわが子を嘆く悲痛な詩である。
グレゴリオ聖歌は、やや単調な歌であるが、ペルコレージのこの歌は、悲しみの中に明るさもあり、まことに美しい。パレストリーナも美しい「スタ-バト・マーテル」を作っているが、ペルゴレージの魅力には及ばない。
絵画や彫刻で言えば、ミケランジェロなどのイエスを抱くマリア像「ピエタ」などに相当するが、人間の極限の悲しみを表現する難しさがあり、音楽でも、絵画でも秀作は多くない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
古楽つまみ食い(77)ペルゴレージ    「スタ-バト・マーテル」 この1曲/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる