この1曲

アクセスカウンタ

zoom RSS 古楽つまみ食い(83)バッハ     「マタイ受難曲」

<<   作成日時 : 2017/09/01 07:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

バッハ(独1685-1750)の「マタイ受難曲」は、「ヨハネ受難曲」が「初めに言あり、言は神であった」という福音書の前提を踏まえているため、神の支配、栄光が強調されるが、「マタイ受難曲」の方は、イエスの人間的実存の面から展開されているため、イエスの人間としての苦悩などが多くの場面で描写される。ユダの裏切りへの厳しいことば、イエスの苦悩を理解しない弟子への落胆、「我が神、どうして私をお捨てになるのか」という神への信の確認など、きわめてドラマティックな展開を見せる。「ああ、血にまみれ傷ついた御頭よ」が歌われるコラールの旋律が何度も繰り返えされ、そのたびに、胸が締め付けられる思いがする。一度聞いたら忘れられない旋律である。ヘルマン・ヘッセは、ある手紙の中で、このマタイ受難曲について、次のように述べている。「この曲は本当に計り知れぬ偉大な作品です。「いつの日にかわれ去り逝く時」のコラールとか、終わりの合唱の序奏の部分などで、熱い涙がほほを伝うのを感じたほどです。でもベルリンの真ん中で、主イエスの死に立ち会うなんて奇妙なことですね」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
古楽つまみ食い(83)バッハ     「マタイ受難曲」 この1曲/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる