この1曲

アクセスカウンタ

zoom RSS 古楽つまみ食い(92)バッハ  「パルティータ全曲 」BWV825-830

<<   作成日時 : 2017/09/10 07:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

バッハ(独1685-1750)の鍵盤の組曲には、この「パルティータ」のほか「フランス組曲」「イギリス組曲」などがある。「パルティータ」は、「クラヴィーア練習曲集第1部」として最初に出版され、第2部には「イタりア協奏曲」「フランス序曲」、第3部「オルガン・ミサ曲」、第4部「ゴルトベルグ変奏曲」と続く。
「パルティータ」のなかで、印象深いのは1番と6番。1番は、舞曲のリズムを生かしながら、自然にある調和、変化を音で表現しているような繊細さとともにおおらかさがある。第2曲は、イタリア協奏曲を想起させる。
6番は、第1曲が長大なトッカータ。冒頭のあふれ出る感情が曲を最後まで流してゆく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
古楽つまみ食い(92)バッハ  「パルティータ全曲 」BWV825-830  この1曲/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる