この1曲

アクセスカウンタ

zoom RSS 古楽つまみ食い(93)バッハ 平均律クラヴィーア曲集(1)BWV846-869

<<   作成日時 : 2017/09/11 07:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

24の調による「プレリュードとフーガ」。曲集は(1)と(2)があり、(1)は1722年、(2)はその20年後に完成している。(1)で印象に残る曲は、先ずなんといっても第1曲ハ長調BWV846,この曲を基にグノーが「アヴェ・マリア」のメロディをつけて編曲しことで知られる。こうした短い曲では、第13曲嬰ヘ長調BWV858は、:明るく楽しいプレリュードとフーガが快く美しい。
圧巻は次の3曲。
第4曲嬰ハ短調BWV849のプレリュードの冒頭のモチーフが素晴らしい。フーガは堂々とした巨大な構築空間の中で、かつ濃縮された時間の流れ。
第8曲変ホ短調BWV853は、厳粛で雰囲気の中超越的な感情が鋭く語りかけてくるプレリュード、そしてゆったりと静かに流れ、命のリズムをとらえて運んでゆくようなフーガ。
そして第24曲ロ短調BWV869の長大で崇高なフーガ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
古楽つまみ食い(93)バッハ 平均律クラヴィーア曲集(1)BWV846-869  この1曲/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる