繰返し聞き続ける古楽100

アクセスカウンタ

zoom RSS 何度も聞く古楽2018-71 D. スカルラッティ  「ソナタ集」

<<   作成日時 : 2018/06/26 07:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ドメニコ・スカルラッティ(伊1685-1757)は、ヘンデルとチェンバロの腕試しをした逸話がある名手であり、「555のソナタ」を残している。
バッハ、ヘンデルと同じ年の生まれである。
彼のソナタは、フラメンコの踊りやギターの音楽を思わせる音型、両手の激しい対話、憂愁を漂わせる響きなど多彩であり、飽きさせない魅力たっぷりの曲集である。
特にK132ハ長調,K501ハ長調などが印象深い。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
何度も聞く古楽2018-71 D. スカルラッティ  「ソナタ集」  繰返し聞き続ける古楽100/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる