繰返し聞き続ける古楽100

アクセスカウンタ

zoom RSS 何度も聞く古楽2018-74ヘンデル ハープシコード組曲

<<   作成日時 : 2018/06/30 07:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ヘンデル(英1685-1759)のハープシコードの作品には、魅力的な曲が多い。
ヘンデル自身、ドメニコ・スカルラッティとハープシコードの腕試しをした逸話があるほどの名手である。
「調子のよい鍛冶屋(組曲第5番)」は、もっとも有名でありいつ聞いても楽しくさせてくれる曲である。この原曲は「シャコンヌ ト長調」の主題と変奏にある。
ヘンデルは、ハープシコードにおいて霊感を得た音楽を伝えようとしたといわれるが、彼のリズムや音の展開には湧き出る泉のように心の乾きを潤してくれるものがある。
このほか組曲としては、第4番(ニ短調)、第1番(イ長調)、第7番(ト短調)など印象的である。
特に4番ではコレッリのラ・フォリアを想起させる和音のサラバンド、第1番では、ガルッピを思わせるアルマンド、第7番ではパッサカリアに不思議な魅力がある

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
何度も聞く古楽2018-74ヘンデル ハープシコード組曲 繰返し聞き続ける古楽100/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる