繰返し聞き続ける古楽(16)-65ヨハン・クリストフ・ペーツ  「パストラール協奏曲 ヘ長調」

パストラーレ(キリスト降誕の夜、牧童が笛を吹いたという聖書に基づき田園情緒を描こうとする)については、コレッリなど多くの作曲があるが、ドイツの作曲家ヨハン・クリストフ・ペーツ(独Johann Christoph Pez 1664-1716)のパストラール協奏曲ヘ長調。
ドイツ人であるが、イタリアでコレッリに学び、フランスのリュリなどの影響も受けている。
弦楽に2本のリコーダーが加わり、牧歌的な雰囲気を出している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント